本文へ移動

アルカナブログ

アルカナプロジェクト(ブログ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

永犬丸西町新築住宅Ⅱ 基礎工事

2017-07-26
皆様こんにちは。
暑い日が続き、体調崩されたりしてないですか?
 
当社の職人さんたちも毎日作業中はこまめに休憩・給水を心がけて身体の負担を少しでも
軽減しながらかんばって頂いています。
 
当社建売住宅の「永犬丸西町新築住宅Ⅱ」は基礎配筋検査を受け、現在はベタ打ちまで終わっているところです。
 
次に立上り基礎のコンクリート打ちに進んでいきます。
 
基礎の工事段階って、日陰もなく今日も職人さんたちは真っ黒になりながらの作業。
本当にお疲れ様です。
 
今日は、同建物に関する電柱新設の打ち合わせを九州電力様と行いました。
 
新築の建物を建てるときには、従来から敷地周辺に立っている電柱が問題となることもあります。
例えば、新たに作る駐車スペースの目の前に電柱が立っていたり、今まで建物がなかった場所だと
近くに宅地内への引き込みが出来る電線がなかったりと。
 
こんな場合も、当社では九州電力様と協議をしながら、電柱の移設や新設をすることも。
自宅前の電柱が邪魔だからといって、希望の建物を諦めることはありません。
 
個人の方でも、九州電力様に問合せして頂ければ、電柱が移設可能か教えてくれます。
駐車場の増設や、玄関アプローチの変更などのご相談も是非、当社まで。

小倉南区 M様邸

2017-07-21
先月末に地鎮祭を執り行なったM様邸は現在地盤改良が終わり、基礎着工待ちです。
(写真は改良工事風景)
 
住宅建築を行うときには、必ず地盤の調査を行い、その結果によっては地盤の補強工事が必要となります。
今回の住宅は柱状改良。  他に、表層改良・鋼管杭工法などが一般的です。
最近では、砕石工法やシート工法・木杭工法などの新しい工法も出てきていますね。
 
当社の場合でいいますと、地盤調査会社の調査結果で何かしらの改良工事が必要と判定された場合に、
お施主様のご希望によってはセカンドオピニオン(調査結果の内容を他の機関で再度検証する)を行うこともあります。
 
地盤改良工事の必要性は調査結果によるものなので、土地購入と住宅建築を同時に行うときには
どうしても、予算組みとして資金の計画を立てることになってしまいます。
 
土地の所有者様から許可を頂ければ、建物の契約前に地盤調査を行うことも出来るのですが、古家つきの土地購入や
建替えの場合は事前調査ができないこともあるので、建物の資金計画の時は地盤改良の予算組みもしっかりおこなっていきましょう。

永犬丸西町新築住宅Ⅱ 着工

2017-07-21
少し前から着工している「永犬丸西町新築住宅Ⅱ」です。
 
基礎工事は全く日陰のない場所での作業となり、職人さんたちもしばしば休憩、水分補給しながら
進めているところです。
 
現在、基礎の配筋まで進んでいます。
 
当社では、建売住宅であれ、必ず地鎮祭を執り行ないます。
こちらの建物も例外なく地鎮祭を行い、まだお会いできていない未来のオーナー様御家族の健勝を
祈願させていただいています。
 

小倉南区 M様邸地鎮祭

2017-07-04
ちょっと遅れましたが、6月30日(金)の大安に小倉南区にて地鎮祭を執り行ないました。
 
 
前日の夕方、大雨が降るのはわかっていましたので前日から祭壇設置場所には足元を確保するように
ボードをおき、ブルーシートで養生を行っています。
当日は朝から晴天。 天候に恵まれました。
天候に恵まれ、前日の雨の影響で湿度も高く、1時間程度でもバテテしまいそうな位でした。
 
地鎮祭が終われば着工です。
 
これからの工事期間、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご協力をお願い申し上げます。

戸畑区 「洋食屋 しん門」様

2017-07-03
先日、お引渡しが終わった「フレンチベースの洋食屋 しん門」様
 
新店舗オープン初日から多くのお客様のご来店を頂き、当社施工の店舗デザインも好評を頂いた様です。
当社、代表も当日の夜にご訪問させて頂き、おいしい食事をご提供いただきました
 
ご家族、友人同士、お取引先様とでも、是非新しい「しん門」に足を運んでみてください。
 
「フレンチベースの洋食屋 しん門」
公式ホームページ : http://www.shinmon.com/
フェイスブック : https://www.facebook.com/shinmon0938716685/
株式会社 アルカナデザイン
〒806-0034
福岡県北九州市八幡西区岸の浦一丁目13-30-9
TEL.093-642-6311
FAX.093-642-3611
設計、施工、不動産取引
0
4
1
8
9
0
TOPへ戻る